『イノベーションのジレンマ』 – 改良改善ではすまない革新の時のビジネス存亡

この本を読んで、編集人は仕事の考え方ややり方を変えはじめている。
それほどに、衝撃的な内容である。

たとえSOHOといえども、これまでの成功に溺れず、明日も勝つために自己革新しなければならないのである。
他人事とか蘊蓄とかで読書している人たちに、将来の成功はない。本を読まない人には将来さえもない。

『イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』増補改訂版

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

編集人の感想は、読んで良かった、早く読めば良かった、ビジネスに対する自分の姿勢が変わった、というところだ。

原著者の履歴がどうのとか、ハーバードとか、MBAとか、うるさい余計な雑音を廃して、しっかりこの書物と向き合うべきである。

左図の帯にある出井氏の推薦の言葉。結局SONYやこの企業の優秀な経営陣もこの本で学習したであろうに、知識を活かすことができずイノベーションに負けた実例を現在示してくれているという(笑

本を開いて直ぐ「本書を推薦する言葉」が並べられている。
出井氏に限らず、推薦の言葉を発する日本人の方々の脳天気っぷりが異様に目立つ。

勉強し改革するべきなのは、他の大企業であり、他の経営者であり、他の学者や評論家であって自分ではない、というスタンスが情けなく悲しい。

ともあれ、まず序章で度肝を抜かれることは間違いないだろう。
『優良経営企業の場合、すぐれた経営こそが、業界リーダーの座を失った最大の理由である。』

親鸞の『善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや』という有名な歎異抄の一説を思い起こしてしまった。

破壊的イノベーションと持続的イノベーション

優良企業には、優良な経営者がいて、優良な従業員がそろっており、優良な技術を持ち、優良な業績を上げている。
そして、改良改善の範疇に属する技術の発展は持続的イノベーションと呼ばれ、優良企業は実に既存の技術を改良改善することに長けている。

だがこの優良企業は、現在の優良業績を支えている既存顧客が認めない革命的な技術、破壊的イノベーションを理解はしても、顧客に従って採用しないために、歴史の主役を降ろされるのである。

今日まで勝ってきた、その勝利を裏付けているものの故に、明日は衰退し滅亡するというわけである。

もちろん、最初から勝ってもいない企業やビジネスは論外である。こういうヘタレからは破壊的イノベーションも産まれない。

日本は、政治家から官僚、そして国民のほとんどが破壊的イノベーションに対応できない

破壊的イノベーションの特徴は、持続的イノベーションにどっぷりつかった優秀な組織や人材を破滅させる。
また、新しい革新的技術であるから、前例を持たず、データもなく、調査もできない。
革命家のみが、破壊的イノベーションの推進者であり、道なき道を切り開き、当初のプランさえ放棄して自らを変化させ続ける意志と能力が尊ばれる。

持続的イノベーションは日本人のお家芸であるから、今日の特にIT分野における後進国状態は納得がいく。
革命は、日本ではお呼びでないからだ。

役人主導国家の日本は、破壊的イノベーションという狼の来襲に、羊のように皮を裂かれ肉を貪られるのみである。
そして、やはり上から変わることを期待する国民性では、某国は必定である。
小さいところからでも、自分が先に変わるべきなのである。

«
»