情報起業とかインフォプレナーとか 資本をかけずオリジナル情報やノウハウでビジネス

私は、右のプロフィールにもあるとおりローカルの中高年再就職に失敗し、退職金や貯金を使い果たして、いわば死の直前で起業にいたった経緯があります。

できちゃった起業とも言えるもので、資本もかけようがなく、無一文で仕方なく自分の知識や発見によってSEOという商材を開発して今にいたっているわけです。

少し前までは、情報起業家、インフォプレナーと嬉しがっていました。

だがしかし、これらの言葉を検索してみると、何やらきな臭いではありませんか。

情報起業やインフォプレナーにつきまとう負のイメージ

Yahoo!で検索してみても、上位表示されるページのスニペット(説明文)がいかがわしい文言が多く、関連キーワードも、詐欺、騙された、儲かる、稼ぐ、無料、アフィリエイトなどなど、ため息が出てきそうなものばかりです。

売り物は情報のようですが、形態はDVDやらPDFやらが特徴のようです。

そして、決まり文句も次のとおり

  • 期間限定
  • 先着○名
  • あと□名で販売終了
  • △月▽日から値上げ

まぁ、被害にあった方は気の毒ですが、そもそも資本主義では投資額に比例した売上や利益が原則ですから、49,800円で購入した情報商材で100万円を稼ぐという話を信じること自体もどうかと思います(笑

本当にそれだけ儲かるのだったら、黙って独り占めするでしょう。

ともあれ、私も上記の決まり文句を避けるようにして、今後は情報起業家とかインフォプレナーとか情報商材とか、言葉に気をつけなくてはと思った次第です。

«
»