オバマ大統領のCHANGEと「A Change Is Gonna Come」

日本のブログでも、オバマ大統領誕生を祝福する記事が多くあがっています。

しかし、少し違和感を覚えるのが、人種問題とからめた話です。

オバマ氏は白人との混血ですし、父親はケニアのエリートで、通常のアフリカ系アメリカ人のように先祖が奴隷だったわけではありません。
大学に入る前までは、インドネシアやハワイで過ごしています。

彼は頭がよくて、いろいろな大学へ行っては好成績を収めています。

一貫して、差別による挫折感はなかったのではと思うのです。

東京アウトローズWEB速報版: 【コラム】オバマ新大統領と〝公民権運動〟黒人歌手サム・クック

オバマ新大統領のキャッチ・フレーズはCHANGEだった。日本のレコード会社は呑気だから商売のチャンスを失っている。彼の地では45年前に射殺された黒人歌手、サム・クックの遺作といわれる A Change is Gonna Comeが大もてだ。

しかし、オバマ大統領とは切り離して、「A Change Is Gonna Come」を数曲、Napsterでダウンロードして聴いてみました。

R&Bというのでしょうか。私にはよく分かりませんでした…

とはいうものの、オバマ氏の個人的経歴は別として、時代は白人以外の大統領を受け止めたことは間違いないでしょう。

日本も、変わって欲しいですね。

それも、誰かが変えるのではなく、自分から変わることを意識し行動することからですね。

«
»