カーリー・フィオリーナ(Carly Fiorina)ヒューレット・パッカード(HP)元CEOが政界へ進出

社長つながりで、旬の話題に言及。

もっとも報酬は月とスッポンで、フィオリーナの2004年の年俸は560万ドル(まあ簡単に日本円で5億6千万円)、退職金がなんと、少なければ2100万ドル(21億円)多ければ4200万ドル(42億円)で、巨額の退職金に対して株主訴訟を起こされている(笑

彼女は、コンパックとの合併を推進するも、目立った業績も上げず2005年に事実上の解任となっている。

そのフィオリーナが、共和党から上院議員になろうとしているらしい。カリフォルニア州で他の候補と氏名争いがはじまると。

『私はこうして受付からCEOになった』カーリー・フィオリーナ著

何冊か本も出している。

原題は、「Tough Choices」で、原著の方はフィオリーナの肖像を前面に出している。

カーリー・フィオリーナの立身出世も興味深く、ずっと関心を抱いていたのだが、選挙に出ると知り、どの党なのか、アメリカの大経営者の意志決定を調べたところ。

やはり共和党だった。

かつては、マケインの応援をしたり、ペイリンをこき下ろしたり、それなりの政治態度を取ってきたようだ。

もうひとつは、やはりITC関連企業やハリウッドにいた人は、カリフォルニア州から政界に入るのね。

«
»