「江~姫たちの戦国~」NHK大河ドラマ つい再放送を見たらはまりました

龍馬伝も消化不良というか欲求不満でしたから、今度の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」も見ないようにしていました。

ところが、何気なく第2回の再放送を見たところ、これはおもしろいかも! とはまったところです。

「江~姫たちの戦国~」 歴史上の人物・事件の舞台裏が面白い

江は、江与とも呼ばれる、織田信長の妹市の娘、豊臣秀吉の側室淀君の妹、徳川家康の息子二代将軍秀忠の正室、三代将軍家光の母、豊臣秀頼の妻千姫の母、ということになります。

また、嫡男を廃して次男忠長を将軍に据えようとして、大奥創始者春日局との確執も有ったとか無かったとか。春日局は、明智光秀の重臣の娘でありますから、江を取り巻くドロドロとした人間関係は、最高です。

よって、かなり知り尽くしたエピソードばかりですから、もういいか、と思ったのですが、

戦国から徳川初期の、重大な歴史的人物・事件のほとんどすべてにかかわり、その舞台裏をピックアップしてくれるんだなと、異常に期待値が上がったのです。

豊臣対徳川は、淀対江にもなり、夫や息子や娘までもが、権力闘争に翻弄されるはずです。

だからこそ、以前の重厚な歴史大河ドラマ風ではなく、最近のホームドラマ仕様がしっくりくるというものです。

«
»