なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?:岩崎聖侍(著)

著者からいただいたビジネス書を紹介。

社長のための経営や雇用、販売などの根本を考え直す、非常に痛快な本です。

なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?~儲かる会社は知っている!~

童話の桃太郎は、イヌ・サル・キジにきび団子を与え、家来にして鬼退治に向かいます。

なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

この本では、イヌ・サル・キジ(お客さま)は、どこにでもある「ありふれた」きび団子では購入を拒否します。
50%オフという好条件でも、それも「どの店もやっている」と突っ返されます。

しかし、鬼退治という目標の意味を解き、そういう物語を共有したいと、一緒に鬼ヶ島に向かうことになります。

ところが途中で、モチベーションが下がり、イヌ・サル・キジは離脱しようとします。

どうすればいいのか?

商品の購入ではなく、使用することや所有することで、どんな物語を体験できるのか?
欧米直輸入のマーケティングではなく、日本人の頭で考えられた「商売」が書かれているのです。

なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?~儲かる会社は知っている!~: 岩崎聖侍

社長は、起業すること、経営すること、これを物語にするべきだと。

むろん、商材も物語にならなければなりません。

そして、会社も商品もブランドになり、物語が完成していきます。

岩崎聖侍社長、すばらしい本をいただき、ありがとうございました。

«
»