任天堂 “驚き”を生む方程式:井上 理(著)

私にとっては待ちに待った任天堂本です。

任天堂 "驚き"を生む方程式:井上 理(著)

世襲とか創業家とか ゲーム機トップシェア奪還の任天堂という事例でも取り上げていますが、任天堂という会社は非常に謎めいた、興味深い大企業です。

そして、時価総額も3兆6500億円で、日本で7番目なんですね。

任天堂の時価総額は日本7位 パナソニックやシャープ、ソフトバンクやヤフーよりも上

パナソニックや、ソニーよりも上なんです。

そのソニーのPlayStationおよびPlayStation 2によって市場から見放され、いわば失われた10年を経た任天堂が、いかにしてWiiやDSを市場投入して、ゲーム機市場でトップを奪還できたのか?

気になって気になって、仕方ありませんでした。

上記記事をエントリーしたときには、究極のイノベーションとしての「世襲」の否定こそが、任天堂の復活の秘密だったのでは、という結論でした。

任天堂 "驚き"を生む方程式:井上 理(著)

任天堂の2008年3月期の、売上高は1兆6700億円、営業利益は4800億円だとのことです。
社員数が3800人で、一人あたりの売上高が4.4億円、営業利益は1.3億円と。

任天堂 "驚き"を生む方程式:井上 理(著)

この会社は、結局は花札・トランプの会社を、一代で世界的なゲーム機・ソフト企業へと育て上げた、山内溥氏のカリスマに追うところが大でしょう。

しかも、何度も潰れかかっていますから、社名の「天に任す」というように、運も味方したと。

カリスマ経営者には、カリスマ部下がつきものです。
横井軍平、宮本茂、岩井聡…

また、スペック志向ではない、ローテクの枯れた技術の水平思考で、次々とヒット商品を生み出しています。

そして、任天堂はよそと違う製品を送り出すことが至上なのですが、会社そのものがよそと違っています。

任天堂は、稟議を通すためのプレゼンテーションや交渉、社内調整など煩わしい作業を、あまり要求しない会社なのだと、岩田は言う。

「例えば宮本が、会社からどうやって予算を取るかということに、時間やエネルギーの半分を使わなきゃいけないとしたら、今と同じだけのクリエイティブのパワーをこの年齢で維持できていないと思う。その価値を(宮本は)若いころにわかりました、ということなんですね」

さて、23条もあるファーストリテイリングの経営理念に対して、任天堂には会社としての文章をまったく発信していないそうです。

先代の社長であった山内溥氏は、企業理念という言葉を嫌っていて、明文化したものが必要な経営者は大成しないと考えていたと。

岩田聡現社長いわく、

「社是、社訓がないことが、任天堂イズムなんですね。だって、社是、社訓のとおりに動いていたら人々(お客さん)は飽きてしまうから」

よそと違うことをしなさい、人は同じことを続けたら飽きてしまう、環境の変化に対して柔軟でありなさい、過去に成功した方法が未来も通じるとは思ったらいけない……。

要は独創的であれと言われているのに、こうしなさいという文書を忠実に守るのはおかしい。という岩田の理解だ。

ユニクロは社長・経営者の創造物ですが、任天堂は企業という生命体になっているようです。

両社は両極でもありますが、共通しているのは、勝つべくして勝ったとは思っていないことです。

凡人が勘違いしてはいけませんが、出てくる言葉は、まぐれとか運とか、そういったものです。

ユニクロ・ファーストリテイリングにしても任天堂にしても、凄い経営者、凄い会社です。

«
»