『ハイエク 知識社会の自由主義』池田信夫著 これですべての謎が解けた

先だってのSEOセミナーの懇親会の話です。

私は、池田信夫さんは凄い人で、この方のブログにアクセスしたり本を読んだりしないとダメですよ。と言うと、知らない人がほとんどだったので驚きました。

ということで、もう一度、エバンジェリストになっておきます。

  • 池田信夫 blog

実際、このブログはPageRankも6ですし、2008年6月のページビューは145万超とのこと。池田さんは間違いなくアルファーブロガーのひとりです。
ブログに、Amazonへのアフィリエイトリンクを貼っておられますが、その収益は執筆の原稿料以上とのことです(笑

ハイエク 知識社会の自由主義と池田信夫 blog

最近読んだ、池田信夫の『ハイエク 知識社会の自由主義』は私の脳の中を革命してくれました。(以下敬称略)

人々は不完全な知識のもとで慣習に従って(必ずしも合理的とはいえない)行動をするとハイエクは考えた。

「不完全な知識にもとづいて生まれ、常に進化を続ける秩序が、あらゆる合理的な計画をしのぐ」というハイエクの予言を、インターネットは証明したのである。

池田信夫著『ハイエク 知識社会の自由主義』

池田信夫著『ハイエク 知識社会の自由主義』

ところで、私にとっての哲学、認識論は、若いころに触れた量子力学(もちろん入門レベル)、とりわけハイゼンベルクの不確定性原理によって大きく修正を余儀なくされました。

極端に言えば、学説とか定説とか、常識とされていることは本当は風説に過ぎず、いつでもくつがえるということ。
さらには、科学的アプローチを進めていけば、その科学を否定しなければならないということ。

真実はそのまま存在していて、科学の進歩とか知識の集積によって、真実が必ず解明されるというのは神話である。
事実というのは存在しない。観察行為そのものが観察対象に干渉することによって、事実は刻々と変化するし、観察者の数だけ事実が存在することになる。

こういった意味で、私の哲学はカントの物自体を背景とした認識論、あるいは懐疑主義に転向していくわけです。廣松渉もその先生のひとりでした。

真実を知ることは絶対にできない、って凄くないですか?

もっとも、まず欧米の合理主義の洗礼を受けて知への信仰が根付いていないと、分からない話ではあるのですが…

『ハイエク 知識社会の自由主義』の第一章は、「帝国末期のウィーン」と題されています。

西洋の没落

ハイエクが生まれたのは一八九九年、帝国が崩壊する世紀末のウィーンだった。

シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンなどの新ウィーン学派は、西洋音楽の基本構造である調性を否定し、十二音などの新しい音階によって作曲する実験を行った。調性のない不安な音楽は、第一次大戦の荒廃したウィーンの状況を映し出すとともに、古典派以来つづいた西洋音楽の歴史に終止符を打つものだった。

ウィーンは、科学の分野でも二十世紀の方向を決めるような重要な発見を生み出した。シュレーディンガーが波動方程式を発見し、量子力学の基礎を築いたのはウィーンである。同じ時期、ドイツでもハイゼンベルクが不確定性原理を独立に発見し、両者は数学的に同一であることをシュレーディンガーが証明した。

こうして私の中で、学生時代に感染した認識論の限界と懐疑主義、今進めているインターネットでのビジネス、そういった諸々のものが見事につながったのです。つまり、私的には、すべての謎が解けた、そういうことになりました。
そして「偶発性の哲学」として、ほとんどすべての知識や経験がひとつの大系としてまとまったのです。

「哲学」というのは、法則や原理や定理といった生やさしいものではなく、私の経験と知識のすべてを統合し貫徹する絶対的な思想だからです。

なお、「そういった諸々のもの」とは、まず歴史認識です。

マルクス・ヘーゲル的な西欧中心の歴史主義への傾倒と距離感、古事記・日本書紀には書かれていない日本古代史の闇の王朝交代劇、あるいは栗本慎一郎の経済人類学やオーパーツ(OOPARTS)などなど。
西洋の音楽史や絵画史、日本の和歌史など、すべての歴史を持つ事象が「偶発性の哲学」で理解することが可能になったのです。

もちろん、数々のバブルとその崩壊による経済危機についても、ナイトの不確実性やタレブのブラックスワンについても、すんなり入り込めるようになりました。

The Black Swan – 池田信夫 blog

ふつう自然科学や経済学で確率を考える場合、ほとんど正規分布を仮定している。しかし実際に世界を動かしているのは、そういう伝統的な確率論で予測できない極端な出来事――Black Swanである。

著者がBlack Swanを理解していた唯一の経済学者として挙げるのがハイエクだが、実は彼より前にこの問題をテーマにした本がある。Frank Knightの"Risk, Uncertainty, and Profit"(1921)である(ウェブサイトで全文が公開されている)。Knightは、確率分布のわかっているリスクと確率分布を計算する根拠のない不確実性を区別し、リスクは保険などで事務的に解決できるが、不確実性は経営者の決断によって解決するしかないとした。

その後の経済学者は、Knightの議論を「意味論的な思弁」としてバカにし、根拠もなく正規分布を仮定して、壮大な理論体系を構築してきた。

次の記事は、タレブに近況について。

White Swan – 池田信夫 blog

Bloombergによれば、Nassim Talebが顧問をつとめるヘッジファンド、Universal Investmentが今年、50%以上の値上がり益を出した。彼らの使っている投資プログラムBlack Swan Protection Protocolは、out-of-the-moneyのオプションを買うことでリスクをヘッジするものだ。

「ブラックスワン・プロテクション・プロトコル」という投資プログラムって、凄いネーミングです。

SEOと不確実性あるいはブラックスワン

私の運営するSEO塾は、しこしこSEOをやってお気楽に順位アップするだけでなく、アルゴリズムの変更やペナルティの導入による順位変動の検知、分析、リカバリーが売りとなっています。

商用サイトにとって、検索エンジン経由の集客は、ある意味で生命線になっていますから、順位ダウンは死活問題になりかねません。

よって、アルゴリズムによる順位変動があるものとして対策に組み込んで、上位表示の確率が高く、かつペナルティを受けにくいフォーマットを開発しました。
これによって、ある意味でナイトの言うようなリスクを回避できるのです。

ただ、Googleの昔のフロリダ・オースティンや、サンドボックスなどのアルゴリズム変更(もしくはスパムフィルター導入)のときは、数サイトが原因不明の順位ダウンに見舞われました。最近ではYahoo!のトップページダウンペナルティでしょうか。
これは、ナイトの不確実性であり、タレブのブラックスワンと同等のものに当たるでしょう。

タイトルとか見出しタグにキーワードを書くとか、相互リンクや一括登録でたくさんリンクを受けるというようなことは、あるいはその他どんなに高度で他人の知らないテクニックを駆使して上位表示を達成していても、これはホワイトスワンに過ぎず、いつでもブラックスワンという突発的で予測不可能な順位変動は起こりうるし、実際に起こっているわけです。

ということで、私も本業のSEOで「ブラックスワン・プロテクション・プロトコル」を発明しちゃいました(笑
そのさわりの部分は、2008-10-09に開催した「順位変動対策のSEOセミナー」の最後に語っています。

どんな順位変動が起こるかは、予測不可能であり、偶発性から逃れることはできませんが、このいつ起こるか分からない偶発的な順位変動を織り込み済みにするサイトオーナーの事前準備は可能なのです。

新しい商材、事業の計画 – マーケティングやデータの無力

知識を過信していない人、出たとこ勝負の人、その日暮らしの人には関係ないことですが、ある程度の情報を収集して、それなりにビジネスに活かしていこうというタイプの人は、手持ちの知識で将来を設計・デザインすることは不可能であると自覚した方がいいでしょう。

もっとも分かりやすいことは、例えば新しい商品を売り出す場合に、市場はまだ存在しないわけで、マーケティングしようにもデータがそもそもないのです。
もし商品が、従来のものの改良品であれば、既存勢力との戦いになるのですが、画期的であればあるほど、未知の世界に踏み込んだ市場創出といった展開になります。

個人の人生においても、新しい体験や、知らないところに足を入れることはしばしばあるでしょう。

問題は、こういった未知のものに対して、既存の知識や情報、データなどを総動員するような官僚的手法では、必ず失敗する、そこまでいかなくても可能な限り失敗する、そういう認識が必要と言いたいのです。

例えば、ハイエクやナイト、タレブのような一流の経済学者が取り上げるであろう、サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機は、国家や大企業だけに限定されず、規模の大小にかかわらず消費の低迷などでわれわれスモールビジネスの領域も浸食してくるでしょう。

金融機関からの融資が経営の前提になっているところは、既に貸し渋りや貸し剥がしによって、存続が危ぶまれている会社も出はじめています。

だがしかし、経済はゼロ、つまり壊滅するわけではありません。

それでも、人々は細々と、あるいは逞しく、生きていくわけです。

この未曾有の艱難に、青天の霹靂のような運命として泣き言を垂れるのか、千載一遇のチャンスと捉えるのかによって、事業家のその後が大きく変わってくるはずです。

不確実性やブラックスワンを射程に入れたビジネスモデル、ないしは経営方針によってこそ、会社や事業家は生き延びることができるということになるのです。

そもそも起業家そのものが、みずから不確実性やブラックスワンを体現して世に出て行くものなのです。

«
»