社長の書評

「経済は感情で動く – はじめての行動経済学」マッテオ・モッテルリーニ著

行動経済学やニューロマーケティングと、SEMやWebマーケティングや我流商法の限界

ああ、Webサイトを作り直さなければならないなぁ。

そういった深刻な反省を呼ぶ本です。


“「経済は感情で動く – はじめての行動経済学」マッテオ・モッテルリーニ著” の詳細は »

「本は10冊同時に読め! – 本を読まない人はサルである!」成毛眞著

低所得階級「庶民」から脱出するには読書せよ。しかも同時に複数の本を読め

根本的に、読書に対する考え方や態度が変わりました。

私は、営業体験を持たない人をあまり認めませんし、読書しない人もダメだと思っています。

そういう意味では、大多数のサラリーマンや、零細・中小企業の経営者も、肝胆相照らす仲にはなれませんね。


“「本は10冊同時に読め! – 本を読まない人はサルである!」成毛眞著” の詳細は »

2011年ベスト読書 ビジネス本は風俗的マーケティング、経営者・平清盛の失敗も秀逸

ジョブズのニワカ崇拝者をぶっ飛ばす「バトル・オブ・シリコンバレー」は最高!

毎年恒例?の、社長の読書ベスト10の発表です。

といっても、まず積ん読(買って読んでない本が数十冊あります)がおおく、今から紹介するものは不公平ですね。l


“2011年ベスト読書 ビジネス本は風俗的マーケティング、経営者・平清盛の失敗も秀逸” の詳細は »

今までも、これからも「スティーブ・ジョブズ」を見殺しにする…

アニマル・スピリットがある人は、自分の中の「ジョブズ」を殺さないように!

私は、Steve Jobsを非常に尊敬しています。
彼に限らず、Bill Gatesや、AmazonのJeff Bezos、GoogleのLarry PageやSergey Brin、そういった起業家も同様です。
“今までも、これからも「スティーブ・ジョブズ」を見殺しにする…” の詳細は »

なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?:岩崎聖侍(著)

モノを売る時代は終わり、物語を語り伝えるとき

なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?

著者からいただいたビジネス書を紹介。

社長のための経営や雇用、販売などの根本を考え直す、非常に痛快な本です。


“なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?:岩崎聖侍(著)” の詳細は »

『男組』全巻電子書籍購入 神竜剛次の絶望 流全次郎の希望

絶版入手難でも電子書籍化されていたらiPadで読める。原作は美味しんぼの雁屋哲

iPad 2をゲットしたこともあって、少年時代に熱中したマンガ『男組』全巻をeBookJapanで購入しました。
すでにアナログの単行本の方は廃刊?になっており、入手難でしたから、電子書籍は嬉しいことです。


“『男組』全巻電子書籍購入 神竜剛次の絶望 流全次郎の希望” の詳細は »