社長

SEO塾/アルゴリズム社の社長ブログは移転しました

新しい日本語ドメインのseo塾.comへお越しください

この社長ブログは、開設後、1年6カ月ほど経ちましたが、最近新しい社長ブログを立ち上げました。

よろしければ、いえぜひとも、SEO会社の社長ブログ へアクセスしてください。


“SEO塾/アルゴリズム社の社長ブログは移転しました” の詳細は »

池田信夫を捨てる勇気 エビデンスなき言説とのつきあい方

ヒマがあってこそのブログやソーシャルネットワーク

9月はセミナー・キャンプの実施で3度も大阪・東京へ出張しました。

さらに、9.4と9.14のYahoo!順位変動の影響で、特にSEO塾コンサルのお申し込みも殺到し、てんてこ舞いとなっています。

はたまた新しい商材である「SEO塾テンプレ:SEO塾テンプレート×WordPressテーマ」の発売もカウントダウンとなっています。

つまり、超忙しい状況に陥っているわけです。


“池田信夫を捨てる勇気 エビデンスなき言説とのつきあい方” の詳細は »

東京製鉄 ガラパゴス日本の非常識企業は世界では普通の会社 日経ビジネスから

年商2800億円で本社社員は40名。「管理」を嫌って中期経営計画も作らない

前々号の日経ビジネス、2009.8.24号。

セミナーやキャンプの準備に忙しく、読書は進んだものの、ブログに書く暇がありませんでした。

東国原知事の「敗軍の将、兵を語る」も、トレンドの中から外へ自らはじけ飛んだ様は、おもしろかったですね。

Twitterをはじめ合計21社のリアルタイム・ウェブ企業への投資家の話など、睡眠障害と、資料作成で眠れない夜に、興奮して読みました。


“東京製鉄 ガラパゴス日本の非常識企業は世界では普通の会社 日経ビジネスから” の詳細は »

レバレッジ・マネジメント:本田直之(著) 20:60:20の法則がもたらす経営思想

既に知っているとか、ありきたりとか、レアで目新しいチップスが欲しい人には役に立たない本

まず「レバレッジ」というタイトルに引かれました。

本田直之氏は、ビジネス本のベストセラー著者? のようですが、コンサルタントが本業なので、おそらくよい会社、よい経営者、ダメ会社、ダメ経営者を、嫌というほど見てきているのでしょう。

よくある、脳内アドバイスではなく、実際の企業や人を見てきての著書ということを織り込まないといけないですね。


“レバレッジ・マネジメント:本田直之(著) 20:60:20の法則がもたらす経営思想” の詳細は »

尾道ラーメン 壱番館 フジレックス株式会社のイノベーション(というか大博打)

日用雑貨販売が本業で100円ショップに市場を追われ12年前にラーメンの通信販売に踏み切る

先ほど、広島ローカルのテレビ番組で尾道ラーメンの特集を放送していました。


“尾道ラーメン 壱番館 フジレックス株式会社のイノベーション(というか大博打)” の詳細は »

『一勝九敗』ユニクロのファーストリテイリングCEO柳井正氏著

命がけの経営の書。負けたら首が飛ぶ戦国野武士の心意気。性根を入れて社長業に励むべし

公私多事にてしばらく読書から遠ざかっていたのですが、恐ろしい本を読み終えました。

きっかけは、一勝九敗 – 池田信夫 blog です。

睡眠時間を割いても読書をします。睡眠障害が痼疾(こしつ、持病)であるのも幸いしました。
命を削ってでも読書をするのです。

本を読まない人はダメです。語彙が貧しく、視野が狭く、話題が貧相ですから…


“『一勝九敗』ユニクロのファーストリテイリングCEO柳井正氏著” の詳細は »

宇宙ではボールペンが使えない アメリカは無重力ボールペン ソ連は鉛筆

社長の意志決定は、宇宙用ボールペン開発か、鉛筆で間に合わせるか

なかなか含蓄のあるブログ記事を見つけました。

ロシアは鉛筆を使った – レジデント初期研修用資料

宇宙飛行士は、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
NASA は120億ドルの開発費をかけて、無重力でも書けるボールペンを開発した。
ロシアは鉛筆を使った。

定番の科学ジョークだけれど、大事だと思う。

さてここから、スモールビジネスの社長なら、宇宙ペン開発か、鉛筆使用か、どう意志決定するべきだろうか?

と思いながらググり進めてみますと、脳内どんでん返しが待ちかまえていたのです。


“宇宙ではボールペンが使えない アメリカは無重力ボールペン ソ連は鉛筆” の詳細は »