歴史

秦による中国統一をもたらした法家 覇道の教科書『韓非子』

特別な人材に期待しない、凡人の凡人による凡人のためのマネジメント理論

今、有料メルマガを発行しています。

これは、コンテンツが大事とか、ナチュラルリンクだよ、という「王道」のSEOに対するアンチ・テーゼ、自作自演をもっぱらとする「覇道」のSEOを推奨しようというものになります。

商用サイトは、王道のような「ねむたい」ことをやっておれません。
Googleのフィールド(戦場)で、数多くの競合とバトルするわけです。

今回あらためて、「覇道」とはなにか? 読書歴によってまとめてみます。


“秦による中国統一をもたらした法家 覇道の教科書『韓非子』” の詳細は »

小説 立花宗茂:童門 冬二 玉砕の愚行ではなく大名復帰をはたした最高の経営者

関ヶ原の戦いで改易されながら旧領(柳河藩)に復帰を果たした唯一の大名

たまたま見たテレビ番組で、立花宗茂を知りました。


“小説 立花宗茂:童門 冬二 玉砕の愚行ではなく大名復帰をはたした最高の経営者” の詳細は »

平清盛本7冊(謎とき平清盛:本郷和人ほか) 経営・組織運営・マーケティングの前車の轍

経営者平清盛の失敗 中世の革命児平清盛の真実 平清盛と後白河院 歴史に裏切られた武士 「武家の世」を切り開いた政治家

清盛は、平氏一門の棟梁となったことも、平氏が政権の中枢に入ったことも、ある意味では偶然の所産です。

ですから、後付けの予定調和的な、歴史解釈は、百害あって一利なし。

むしろ、欧米的な不確実性とか、たまたまとか、まぐれとか、そういったかたちで、清盛の生涯を追いかけたほうがいいでしょう。
そもそも、この時代に活躍する人たちも、偶然に偶然が重なって舞台に上がった者たちばかりです。


“平清盛本7冊(謎とき平清盛:本郷和人ほか) 経営・組織運営・マーケティングの前車の轍” の詳細は »

平清盛前史 王家と公家と武家 藤原摂関家や源氏の一族の内部抗争の偶然から

平氏・武家の隆盛と王家の親政・院政の強化と藤原氏摂関家公家の衰退と源氏の低迷と

NHK大河ドラマのミーハーとして、ようやく平清盛とその時代がよく見えるようになってきました。

勧善懲悪はもとより、予定調和、必然という言葉は意味を失います。
とくに『平家物語』や鎌倉室町政権時代の文献の、平氏・清盛悪人史観は、後世の目を曇らせてしまいます。

平清盛は、当時の全国の混乱によって政権交代が期待された時代の、転換期の人格化と言えるでしょう。
その意味で、日本の歴史が必要とした人物だったのです。

ところで、NHKの時代考証を担当された方に倣って、王家・公家・武家という用語を使います。


“平清盛前史 王家と公家と武家 藤原摂関家や源氏の一族の内部抗争の偶然から” の詳細は »

『坊っちゃん』の時代:関川 夏央, 谷口 ジロー

欧化・富国強兵の明治から大正、エスタブリッシュメントになれなかった知識人群像(「坊っちゃん」たち)

最近可能なかぎり、マンガは電子書籍を買って、iPadで読んでいます。
よく利用するのは、eBookJapanです。


“『坊っちゃん』の時代:関川 夏央, 谷口 ジロー” の詳細は »

歴史を動かしたプレゼン:林 寧彦(著) 起業家の投資家説得にも似て

コロンブスの新大陸発見、クーベルタンのオリンピック復活など

久方ぶりのエントリーで、社長ブログに相応しい書評、キュレーションです。


“歴史を動かしたプレゼン:林 寧彦(著) 起業家の投資家説得にも似て” の詳細は »

その時歴史は動かなかった!?:鈴木 眞哉 (著) 後付けご都合史観の戒め

唯物史観とか皇国史観とか自虐史観とか。偏見と先入観で過去も未来も染め上げて…

ブログに投稿しているヒマはないほど忙しいのですが、とりあえず大事なことなので…

ここで紹介するのは、題名からも想像できるとおりNHKの「その時歴史が動いた」の批判本です。

とは言うものの、歴史通というか歴史ファンというか、日本史に興味のある社長や管理職の方にはかなり耳の痛い本です。

つまり、常識とか通説とか、あるいは評判のビジネス本とか経営ノウハウとか、それらを鵜呑みにしてはいけませんぜと。

もっとも、はなっからわが祖国の歴史とか、信長・秀吉・家康の天下人の業績には関心のない輩は論外ですが…


“その時歴史は動かなかった!?:鈴木 眞哉 (著) 後付けご都合史観の戒め” の詳細は »