政治

ベッカー(ノーベル経済学賞受賞) オバマ政権のGM救済およびUAW(全米自動車労働組合)を徹底批判

ビッグ3の低迷の元凶はUAWつまり労働組合。年配労働者保護で若者が自動車会社に就職できなくなった

2009-06-03の読売新聞。

シカゴ大学の教授、ゲーリー・ベッカーのインタービューが載っていました。

The Becker-Posner Blog というブログがあって、それを翻訳した本が ベッカー教授、ポズナー判事のブログで学ぶ経済学 です。


“ベッカー(ノーベル経済学賞受賞) オバマ政権のGM救済およびUAW(全米自動車労働組合)を徹底批判” の詳細は »

箸墓(はしはか)古墳が邪馬台国の女王卑弥呼の墓だったとして…

記紀(古事記・日本書紀)など日本文献に名が出ず、中国資料のみとはこれいかに

日本古代史の一部のファンやずれた学者は、卑弥呼が誰だったのか?、邪馬台国はどこにあったのか?、どうでもいいことを一生かけて追求しているようです。


“箸墓(はしはか)古墳が邪馬台国の女王卑弥呼の墓だったとして…” の詳細は »

ユニクロ 柳井イズムはトヨタを超えるか:日経ビジネス2009年6月1日号

経済誌が勝ち組のたった今勝っている状況を切り取るのはいつもの話

凡庸なジャーナリズムは、いつでも、今勝っている人や組織にスポットライトを浴びせるだけです。

あと数か月後に、別の企業や産業が伸びてくれば、ユニクロには目もくれないでしょう(笑


“ユニクロ 柳井イズムはトヨタを超えるか:日経ビジネス2009年6月1日号” の詳細は »

民主党新代表鳩山由紀夫氏 組織の長が独自性を発揮するとか傀儡ではいけないとか

無能なリーダーが妙に意気込んで暴走するくらいなら、独自性がなく傀儡である方がベター

私は、官僚主導の行政をあらためる一点だけでも、今度の衆議院選挙は民主党の躍進に期待したいです。

ですから、民主党の代表が誰になろうと、小沢一郎氏の傀儡であろうと、関係ないと思っているのです。


“民主党新代表鳩山由紀夫氏 組織の長が独自性を発揮するとか傀儡ではいけないとか” の詳細は »

新型インフルエンザ「対策」で学習するダメなリーダー像

世界レベルの常識的なやり方と、日本独自の非常識な過剰「対策」

ユニクロ(ファーストリテイリング)のCEO柳井正氏は、まるで戦争のように、瞬時の判断ミスで組織が壊滅しかねない指揮官の苦悩を語っています。
参照:『一勝九敗』ユニクロのファーストリテイリングCEO柳井正氏著

私も、「トレードオフ」や「冗長化」、そして「リスクマネジメント」など、つねづね危機感を持って、会社を経営しています。

大衆ならば、何らかの事象に対してパニックを起こしてもいいでしょう。得体の知れないものに、意味もなく騒ぐことが大衆の仕事ですから…

しかし、特に国家の首脳クラスであれば、柳井氏以上の能力と緊張感が要求されるのではないでしょうか。

そして経営者でも管理職でも、この度の新型インフルエンザ珍騒動を他山の石とすべきでしょう。


“新型インフルエンザ「対策」で学習するダメなリーダー像” の詳細は »

「自分だけはもうかる」と信じて参入する資本家の錯覚 そして絶滅危惧業界

新聞社もテレビ局も終焉が予想される産業? 政治や官僚が介入し、税金が投入されるほど滅ぶ?

弊社も、「SEO塾 + カタカナ4字」の商材を、今は6つほどラインナップさせて、この7月からの創業2年目の躍進にかけていく所存です。


“「自分だけはもうかる」と信じて参入する資本家の錯覚 そして絶滅危惧業界” の詳細は »

広島7区は自民党宮沢洋一対民主党和田隆志 願いは官僚統治の破壊

小沢一郎が民主党代表辞任し、いよいよ与党・自民党対野党・民主党の決戦が近づくが…

小沢一郎氏が民主党の代表を辞任すると発表しましたね。

まあ、今の日本の状況では、政党とか政治家レベルの話では済まないほど、国は腐りきっています。


“広島7区は自民党宮沢洋一対民主党和田隆志 願いは官僚統治の破壊” の詳細は »